誰にでも、自慢がある。そうだろ?
日本人は、奥ゆかしい(笑)な人種だからな。
「自慢話して、うざがられたら&キモ悪がられたら嫌だな…。」
と思って我慢しているのが普通かも知れんが、
ここはゴミ箱…俺様のユートピアでありディストピア。
墓石の下で何を叫ぼうが、そう、俺の自由なのさ!

そんなわけで自慢させて頂きます。
俺はノイズシンセを持っています!
しかもふたつ!!すごかろう!!!

あ、皆さんの疑問に溢れた表情が僕の脳に直接あばばばば。
うん、まあ、世間的にはマイナーな楽器なんじゃないかって、
そんな気はしてましたよ、うすうす。
はい、今コンドームが頭に浮かんだ奴、逮捕。(つまり俺も逮捕)
じゃ、皆さんのためにノイズシンセとは何なのか、超大雑把に書きます。

ノイズシンセとはノイズを出力するシンセです。
あ、待って、まだ帰らないで、メンゴメンゴ。
皆さん、シンセってそもそも“キーボードのもうちょっと凄い奴”
くらいに考えてるでしょ。
ということは白と黒の鍵盤があるよね?
でもね、ないんだよ、それが、ノイズシンセには。
「じゃあ、どうやって音程を演奏するんだ?和音は?」
うんとね、正確な音程は演奏できないんだよね。
下に動画貼ります。百聞は一見に何とやら。

JMT SYNTH様の販促用動画です。
また、俺が持っているふたつでもあります。

JMT SYNTH様は他にも沢山のノイズシンセを制作されており、
公式サイトやyoutubeにてラインナップを確認できます。

JMT SYNTH公式サイト
Youtube公式チャンネル

音だけでなく見た目もマジ垂涎。
道端に落ちてたら、絶対に誰も楽器だと思わないで、
起爆スイッチと誤認されて処理班が出動するレベルだろ。
本当は全種欲しいんだけど、そんな買い物してしまったら、
黒い服を着た逆フレンドリーなお兄さん達に追われた挙げ句、
地面と著しく乖離した見晴らしの良いポイントから
Bダッシュジャンプしないといけなくなるから…。

ところでさ、
「何に使うんだ?」と思った人、いらっしゃる?
はいはいはい、そんなアナタに送る愛のメッセージ。
阿呆かいな!何に使うのかを考えるのが最高なんだろうが!

いいか?よく聞けよ。君は今までに、
レゴとかダイヤブロックのキット買って、
パッケージと別のモンを作ったことはないのか?
大切なものを更にかっこよくしようとして、
キラキラシールを貼って後々後悔したことは?
ガンプラの手足を他のと入れ替えてみたり、
オリジナルカラーにしてキャッキャしたことは?
わざとバグらせて遊ぼうとして、
スーファミカセットに攻撃を加えて破壊し泣いたことは?
キャラメイクできるゲームで、
本気でキャラを作ってたらそれだけで全クリした気になったことは?

そこにはいつも、フロンティア精神で満ち満ちていただろうが!
つまりこれはな、エロい意味じゃない大人のおもちゃなんだよ!
年食って失ってしまった無邪気さを、そして探究心を
再びこの手に取り戻せる…そんな素晴らしい物なんだよ!
いや、俺まだ精神的には純真無垢な子供なキッズだけど!
音は妖艶だから結局エロい大人のおもちゃかも知れんけど!!
エロス!エロス!!エロス!!!

さて、ここからは少しばかり真面目に。
まだふたつしか持っていないので、マニアとは到底呼べない私ですが、
これまで使用させて頂いた所感としては、
NOSC10とSNB-2、両方とも決して他の音に埋もれない
非常に良質なノイズマシンです。
また、動画をご覧頂ければお分かりのように、
ひとつの機材からでも様々なキャラクターの音が作れ、
ドローン、ハーシュ、グリッチ、様々に対応できます。
よって、ライブ演奏でも十分な効果を発揮するでしょうが、
DAWに取り込んで調整し、楽曲のパーツにすることで、
爆発的に素材面でも編曲面でもレパートリーが増やせます。
楽曲制作にマンネリの方は是非ご購入を。
絶対に良い仕事をしますよ。

さて、次はどれを買おうか…グッヘッヘッへッ。

 

中村修人 : Nakamura Syuto


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む