バンド構成員の内、
少なくとも3人は泣く子が黙る経歴で、
相当有名人だと思うのを選出。
普段聴いてる音楽によって、
偏りがでる判断ですが、
そこはご愛嬌ってことでひとつ。

1.Them Crooked Vultures
Josh Homme (Queens of the Stone Age)
John Paul Jones (Led Zeppelin)
Dave Grohl (Foo Fighters)

全員の良さが調和も主張もしているという、
最高過ぎるバンドサウンド。

2.Gizmodrome
Stewart Copeland (The Police)
Adrian Belew (King Crimson)
Mark King (Level 42)
Vittorio Cosma (Premiata Forneria Marconi)

濃い面子だけど曲の方は…
予想よりは薄味、か?

3.Buck Jam Tonic
John Zorn (Naked City)
Bill Laswell (Painkiller)
Tatsuya Nakamura (Blanky Jet City)

己100%のぶつかり合い。
即興演奏というには面白みに欠ける。

4.Prophets of Rage
Tom Morello (Rage Against the Machine)
Tim Commerford (Rage Against the Machine)
Brad Wilk (Rage Against the Machine)
Chuck D (Public Enemy)
DJ Lord (Public Enemy)
B-Real (Cypress Hill)

某ザックさんを期待してしまうも、
これはこれでアリかなって。

5.Dirty Mac
John Lennon (The Beatles)
Eric Clapton (Cream)
Keith Richards (The Rolling Stones)
Mitch Mitchell (The Jimi Hendrix Experience)

なんだこの面子。
なにがあったんだ。

こういう、既に知名度が高いミュージシャン同士がバンドを組むと
昔はスーパーグループとかスーパーバンドとか言われてましたが、
今じゃすっかり死語ですね。

しかし、まあ、
どれもこれも豪華だこと。
きっとまだまだいるはずだ。
第二回のため、捜索しておきます。


他にもまとめといた。感謝しろ。
その他の「おすすめ”5″」はコチラ


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む