突然ですが、年俸全員決まりましたね!
何の話かって?カープですよ、カープ。

選手の契約更改で年俸が全員決まったじゃないですか!
25年ぶりの優勝、黒田の引退、流行語大賞。

2016年はカープ色に染まった一年だったじゃないですか!

いやもう、カープはうんざりって?

 

そんなこと言わないで、カープファン歴=年齢の数の私がオススメする
カープ選手の応援歌を一緒に歌おうじゃないですか!

今回は、2017年に絶対活躍する選手の応援歌まとめですよ!

 

全員覚えられる自信ない人も、この5人を覚えておけば、

球場にいっても確実に1回は歌えることでしょう!

年俸を見てわかるとおり、アップ額が高い選手は評価されているし、

活躍してくれること間違いないので、

キチンとデータに基づいて活躍してくれる選手をご紹介します。

(投手は、全員テーマ一緒なので、投手以外にしまーす)

さて、2016年から2017年への契約更改でアップ額1位になったのは、

誰だと思いますか?

さすがにわかるか!

流行語大賞とっちゃった、そうです、この男!

 

「神ってる男」鈴木 誠也 外野手(23)!!

1,700万 → 6,000万。

そのアップ率なんと252%!!!

ね!ダントツ神ってるわ。
思い出しますね、2戦連続サヨナラホームラン。

あの「最高でーーーす!!」

 

さぁ歌いましょう。誠也の応援歌!!!

1.鈴木誠也 応援歌
誠の道進み チームに流れを呼べ 荒川から架けろ 夢の赤い橋

 

さぁどんどん歌いましょう!

次は、安部 友裕 内野手(28)

安部選手はというと、 

1,080万 → 2,100万へ94%アップしました!

 

おめでとう、あっべ!
2007年のドラ1。年々出場試合数は増えていき、

東出コーチに「今季のキーマンは安部だと思っている」と指名された男。

さぁ歌いましょう! あっべ!

2.安部 友裕応援歌
新しい時代に 今手を伸ばせ 終わらぬ夢の先に 導いてくれ

続いてはこの方。
田中 広輔 内野手(28)

 

4,100万 → 7,800万 そのアップ率90%

 

そうだよね、東出さんから受け継いだ背番号2でがんばらないわけないもんね!

忘れられないクライマックスシリーズ ファイナルステージの打率.889!

 

CS史上最高打率をたたき出すという、神ってる男より神ってたあの瞬間。

一時は打率9割いってて、ノリにノッってる広輔は鬼やばい!

さぁ歌いましょう!

3. 田中 広輔 応援歌
赤く燃え上がる 夢見たこの世界で 研ぎ澄ませそのセンス 打てよ広輔

 

 

そして、ここで来ました優勝の立役者

 

新井 貴浩 内野手(40) 

 

6,000万 → 1億1,000万

そのアップ率は、83%!

 

V字回復とはこのことで、年俸2億からカープに戻って2,000万になり、

2017年には1億1,000万ですよ。

リーグMVPに輝くオジサンを2017年も応援したい!!

辞めないで!

泥臭く野球を続けてください!

 

さぁ、歌いましょう!

4. 新井 貴浩 応援歌
赤い心見せ 広島を燃やせ 空を打ち抜く 大アーチ

 

 

最後になりますが、やっぱり忘れてはいけないこの人

菊池 涼介 内野手(27)。

 

8,500万 → 1億4,500万で契約改更。そのアップ率70%!!

これで菊池は、カープの中で日本人最高年俸になりましたね。

今シーズンも球団から一番の評価といわれたようだし、

攻守ともにチームに貢献してくれましたね。

 

そして、シーズン終盤から広瀬純選手の引退にともない、

アカペラから始まる「始まりの鐘が鳴る」を菊池が引き継いで、

応援歌の最初に入れることになりましたね。

まだどうしても、

「始まりの鐘が鳴る ひ ろ せっ! 豪快に~」

って言いそうになるけど、

そのうち違和感がなくなるのかな。

それでは、歌いましょう!

 

5. 菊池 涼介 応援歌
始まりの鐘が鳴る 菊池!! 広島伝説~
光を追い越して メーター振り切り駆け抜けろ 止まらないぜ 韋駄天菊池

 

これが総額4億を支える応援歌だ!

 

あぁ、待ちきれない。
来シーズンが始まるまで待ちきれない。

 

でも楽しみでしょうがない。
大人になって、外で大声だして歌うことなんて少ないでしょう?

 

ビール飲みながら、大声で応援するとストレスも吹き飛びますよ。

この5人の応援歌覚えて、球場に足を運んでみるのもアリじゃない?

すっごいワクワク・ドキドキする体験できると思いますよ!

 


他にもまとめといた。感謝しろ。
その他の「おすすめ”5″」まとめはコチラ


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む