Underworldはイギリスのテクノユニット。
1986年頃から活動し、現在も元気に活動中。
2012年ロンドンオリンピックの音楽監督に抜擢され、
ここ日本でもMステに出るくらいに有名なお二人が
何故、そこまでの地位に上り詰めたのか?
答えはこの名曲↓と、とある映画があったから。

・Underworld…Born Slippy (Nuxx)

2015年に新たに公開された
新MVの方をトップに貼っておきました。
彼らの4thアルバムが同年にリマスターされ、
再発売されたことを記念しての映像作品だそうです。
youtubeにオリジナルのMVもあるにはあるものの、
音はこっちの方が断然良かったし、
何よりvevoなのでリンク切れの心配がナッシングだからね。
因みに、そのリマスター版には、
当曲のデモ音源から完成形までの
流れが網羅されている特別CDが付いているとか。
マニア向け過ぎる…。

比較としてオリジナルMVも。

オリジナルMVはなんか…画がね、古いよね。
リリースから20年以上経過してるんで当前のことですが。
しかしですね皆さん、
映像は古くなってるけど、
音楽の方は色褪せてなさ過ぎることが、
お分かり頂けるんじゃないでしょうか。
なんてったって名曲だもんね。
日本ではTOYOTAのWILL VSのCMで使われました。

さて、この曲の歴史をば。
この曲は元々シングルのB面曲として、
1995年に発表されました。
まどろっこしいんですけど、
シングルA面が“Born Slippy“”、
B面が“Born Slippy (Nuxx)”です。
A面の曲はこちら↓。

全然違う曲じゃん。

そんで翌年、ダニーボイル監督の特大ヒット作
『Trainspotting』のエンディングにて、
Nuxxの方が使用されると、
本編の最後にドカンと掛かる曲ということで、
「この曲は何?歌ってるのは誰?」となるわけです。
これを好機として今度はNuxxをシングルとして再発。
イギリスで100万枚以上を売り上げ、
チャートには41週ランクされて最高位2位を記録。
NMEとメロディ・メイカー両誌で、
年間最優秀シングルに選ばれました。
その他にも様々なランキングや賞を受け、
今なお続く彼らの人気の基盤となりました。
これだけ一気に売れちゃいましたから、
一発屋になってもおかしくなかったところを、
現在まで人気を維持しているなんて、
あんたら流石やでぇ。

そして…前作から約20年が経った今年、
『Trainspotting2』が遂に公開!
しかも…その予告に再使用されているのです。

いかに、この映画この時代において重要な曲だったかが
手に取るように分かるエピソードですよね。
劇中には当曲の新バージョンも使われているとか。
BGMも当ユニットのリックスミス氏が担当しています。

この曲が売れに売れている事実に、
当時まだ有名でなかったメンバー達は、
喜ぶどころか困惑してしまい、
物凄く仲が悪くなり、解散ギリギリだったとか。
また、“アル中の自問自答”に聴こえるように作ってあると明言されており、
歌っているご本人様のカールハイド氏が
この時期にアル中ど真ん中だったそうです。
いろいろ大変だよね、生きるって。

※ついでにいっとく?
エンヤ風の癒し系バージョン

暗くディープになったバージョン

ピアノトリオバージョン

 

中村修人 : Nakamura Syuto


過去記事もいっとく?
その他の名曲はコチラ


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む