なんだか不吉なタイトル付けちゃったけど、
恐くないよ、大丈夫、おじさん恐くないよ。
ほら、もっとこっちおいで。
飴ちゃん上げようね。
え?あ、いや、違うんです、ごめんなさい。

・Nirvana…Smells Like Teen Spirit

パンクを下地とした攻撃的な音楽性で
ヒットチャートに殴り込みをかけ大成功。
全世界的にグランジムーブメントを巻き起こし、
音楽の潮流を変えてしまう程の影響力を持つも、
フロントマンであるカートコバーンが、
ショットガンで自殺という衝撃の幕引きをした
伝説のバンド、ニルヴァーナ。

2ndアルバム「NEVERMIND」の開幕ナンバーである当曲で
青春を持ってかれちゃった若人は数知れず、
多くのファンとフォロワーを生み出しました。
しかし、元々は売り上げのために会社から指示をされ、
少々無理をしてポップに作った曲なんだとか。
そんな曲がバカ売れして、賞取ったりしちゃったもんだから、
財布の中身は潤っても、精神的にはズタボロに。
結果として地獄に片足を突っ込む切っ掛けとなり、
「あの曲はゴミ」「契約で仕方なくこれから演奏する」
という発言や、テレビ出演でまともに演奏しないなど、
彼らの忌むべき曲になってしまいました。

そして彼は1994年4月5日、
この曲がリリースされてから3年も経たず、
自身の脳みそを、自身でぶちまけるのです。
名曲が創造主を殺すという大惨事…。
ナンテコッタイ、オッカサン。

ここまで書いておいてアレですが、
実は暗殺されたって説もあります。
なんにせよ、成功が呼んだ悲劇には
違いありませんけどね。

※ついでにいっとく?
ね?まともにやってないでしょ?録音だしオクターブ下だし。

ボーカルさんの本気感が素晴らしいヘヴィなカバー

シンプル&ビューティフルなカバー

な、なんだこれは。心がぁ、不安定になりゅ…。

 

中村修人 : Nakamura Syuto


過去記事もいっとく?
その他の名曲はコチラ


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む