“ガガッ”と言えば…ねぇ?
洋楽ファンの皆さんなら、即理解でしょう。
ええ、勿論この名曲ですよ。

・Radiohead…Creep

タイトルの意味は、
主に女性が男性に向けて言う侮辱、
日本語で言えば「キモッ!」ってヤツ。

自らを皮肉って書かれたというCreepは
デビューアルバム「パブロハニー」の先行シングルだった。
しかし、これはあまりに“出来過ぎた名曲”であったため、
以降のシングルカットは全て不発に終わった。
誰も彼も、この曲にしか、興味がなかった。
この曲さえ聴ければ、あとはどうでもよかった。

2ndアルバム「ベンズ」で世界に一泡吹かすまで、
一発屋のレッテルをメディアに貼られた彼らは、
この曲を嫌い、演奏しなくなった。

それから長い時が経ち、
順調にキャリアを積み上げた彼らは、
リリースの度に音楽性を更新、革新させ、
不動の人気と地位を築き上げていった。
そんなある時、記者から、
「もうクリープは演奏しないの?」
と質問され、
「あれを歌っていた僕は、もういない。」
と答え、再演を頑として否定。
ファン達は、どれだけ時が経とうとも、
彼らの受けた傷は癒えないものと、
了解せざるを得なかった。

しかし…沈黙は前触れなく、破られた。
2003年、日本、SUMMER SONICで。
予想も期待もしていなかった、
あまりに突然の“再会”に、
オーディエンスは全力の叫びと涙で応えた。
そして、その夜は今なお語られる伝説となったのだ。

という、ドラマのある名曲なんですね。
現在はコンスタントに演奏されているようです。
しかしまあ、その場に居合わせた人々は、
どんなにか感動したでしょうね…。
脳天“ガガッ!”って感じですよね。

※ついでにいっとく?
“ガガッ!”再び…。伝説の夜。

“ガガッ!”がなくても聴ける最強アコギカバー

“ガガッ!”がなくても聴ける最強女性Voカバー

 

中村修人 : Nakamura Syuto


過去記事もいっとく?
その他の名曲はコチラ


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む