The Roots

グラミー受賞数回の生ヒップホップバンド
中心人物のクエストラブ(Dr)は
プロデューサーとしても有名。

こちら↑と、こちら↓がドッキングゥ♡

Cody ChesnuTT

アメリカのソウルシンガーで
ジャマイカ人の両親を持つ。
日本wikiにインパクトの強い文言あり。

結果、こうなりましてございます。↓
The Roots ft. Cody ChesnuTT
The Seed 2.0 (2003)

いいっすよね。
聴き手を選ばない感じ。
印象に残るメロに寄り沿う
純朴で堅実な演奏が、
たまらない味わいを育みます。

批評家もこのコラボ曲を大絶賛。
アメリカのストリートマガジン
Complex Magazineにて、
The RootsのBESTソングランキング第四位。
しかし実際のところ、
どちらかと言えばCodyさんの曲なんです。


この↑Codyさんの原曲にラップを載せ、
演奏もThe Rootsがやって、MVも撮ったらば、
Codyさんの知名度も爆発的に上昇したっていう話。
曲名にちゃんと2.0と表記されていますから、
バージョンアップって風情ですね。

この曲のseed(直訳:種)ってのはアレです。
白く濁った何がしかのことです。
分かりますよね?
男性の足の付け根の辺りに燦然とぶら下がってて、
大概の男子中高生の脳ミソがあるところ。
そこから出る、尿ではないものです。
分かりました?
そんで着床したら、
ロックンロールって名前にしようって歌詞です。
子供のこと、ちゃんと考えて上げろよ。
日本だったら“演歌ちゃん”って感じか。
やめろ。

Codyさんがいるライブ。

Codyさんがいないライブ。

The Rootsのギターさんも物凄く歌上手い。
そしてノリが違い過ぎる。アツイ…。

アコースティックもいいよ。

別バージョンもいいよ。

でも、その名前を付けるのは、
やめろ。

 

中村修人 : Nakamura Syuto


もっとシましょ♡
その他のコラボ記事はコチラ


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む