RUN-DMC

1984年の1stアルバムでいきなり、
ヒップホップ初ゴールドディスク獲得。
2009年、ロックの殿堂入り。

こちら↑と、こちら↓がドッキングゥ♡

Aerosmith

1973年にデビュー、今も現役。
トータルセールス1億5千万枚以上。
日本でも大人気のおじさんバンド。

結果、こうなりましてございます。↓
RUN-DMC ft.Aerosmith
Walk This Way (1986)

時代臭ムンムン過ぎる映像で鼻が壊死しそう。
異ジャンル間のコラボによって、
その垣根が破壊されたという例えを表しているこのMVですが、
つまり、当時は“壁”の認識があったということです。
この曲がラップ×ロックという音楽の最初ではありませんが、
セールス的には最初の大成功を収めたこの30年以上前のコラボが
ミクスチャーやマッシュアップの基礎部分となり、
更に言うなら、白人にヒップホップを、
黒人にロックミュージックをそれぞれ紹介することになったわけでして、
この楽曲がもたらした功績は、
音楽史においてはけっこうデカいんじゃないかと。

しかし、知らんオッサンが俺ん家の壁突き破って
ウォークディスウェーイ!って絶叫して出てきたら、
驚きの余り嘔吐しつつも、
「許して〜許して〜」と泣きわめきながら、
心の何処かで冷静に死を覚悟すると思います。

こちら↓が基となったAerosmithの同名曲。

この原曲が出てから10年以上が経ち、
その間にエアロの皆さんはヤクでボロボロ。
セールスも非常に芳しくない状態でしたが、
このコラボ曲でもって大復活を遂げます。
原曲より売れたらしいよ。
しかも、ヒップホップの慣例を破り、
ギターやボーカルはサンプリングではなく、
スタジオで再収録しているんですね。

皆、わっけーな、オイ。

今じゃ、当たり前のことですけど、
現在の“当たり前”ってのは、
誰かの功績があってのことで、
最初っからそうだったわけじゃないのよね…。
と、急に悟ってみました。

ライブ発見。kid rockもいるね。


もっとシましょ♡
その他のコラボ記事はコチラ


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む