Massive Attack

ブリストルサウンズを牽引した伝説的ユニット。
デビューと同時に大量のフォロワーを生み出し、
80年代後半から今なお現役の大御所。

こちら↑と、こちら↓がドッキングゥ♡

Young Fathers

2014年、UK音楽賞マーキューリープライズ受賞。
白人黒人混在のヒップホップ?ユニットで、
どの曲もとにかく斬新且つ個性的。

結果、こうなりましてございます。↓
Massive Attack ft. Young Fathers
Voodoo In My Blood (2016)

不思議な調和の仕方してるよね。
噛み合ってるような、いないような。
いないにしても、これはこれで大いに有り、
そんな、絶妙にズレたカッコ良さ。
曲の雰囲気は呪術的という表現が適格か。
ま、曲名からして“ブードゥー”ですし。

ヤングファザーズの個性は、
フューチャーされた側として
薄まってはいるものの、
しっかりと彼らの仕事。
逆にマッシブ側が平常運転ではない雰囲気。
音のクセや配置はいつも通りだけど、
音楽性の根幹が普段と違う感じというか…。
オケから共作したのかもね。

正式MVには効果音がてんこ盛り。
楽曲をしっかり聴きたい時には邪魔よね。
内容はハイクオリティだけど。

ロザムンド・パイク女史が出演。
ゴーンガールで一躍有名になりましたね。
映画とは逆に、ボッコボコにされてますやん。
◯<死ぬがいい。

 

中村修人 : Nakamura Syuto


もっとシましょ♡
その他のコラボ記事はコチラ


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む