Mark Ronson

DJ、プロデューサー、ギタリスト。
ご自身ではあまり歌われないようで、
いつもゲストボーカルがいらっしゃる。

こちら↑と、こちら↓がドッキングゥ♡

Bruno Mars

今までの受賞や快挙は数知れず、
マイケルジャクソンの後継と言われている
アメリカはハワイからのポップスター。

結果、こうなりましてございます。↓

Mark Ronson ft.Bruno Mars
Uptown Funk (2014)

2016年グラミー最優秀レコード賞受賞。
大概の皆様はご存知であろう有名な曲。
Mステにも出演しましたもんね。

これ↓、段取りが素晴らしい。

ドラムの基礎練習にもってこいのビートなので、
私も頻繁に聴いておりました。
クレジットを確認しますと歌だけじゃなく、
ドラム叩いてるのもブルーノさんなんですよね。
何が“天は二物を与えず”だよ、ダラズゥ…。

制作最初期から手応えはあったものの、
なかなか完成させられず、
リリースを諦めかけたことがあると、
マークさんが仰っております。
おふたりとも完璧主義者だったことが
大きな障害になった上、
作業途中でブルーノさんはライブツアーに出発。
なんとか共同作業できる環境を作るため、
マークさんはツアー先まで何度か渡航したそうです。
その甲斐あって世界的大ヒット。
もちろん日本でも売れました。
執念に感服、そして乾杯。

しかし…この曲は数回、
盗作疑惑で面倒なことになっています。
各方面からいちゃもん付けられて
訴えられたり、文句言われたり、
釈明したり、クレジットを変更したりと、
リリース後は対応に追われたようです。
パクリ元として挙げられた曲、貼っておきます。

Collage – Young Girls

The Sequence – Funk you up

The Gap Band – Oops, Up Side Your Head

Grupa Aska – Ulice mracne nisu za devojke

…いや、どれも似てないとまでは言わないけどさ。
いいだろ、これぐらい。
訴えた人達はお金に困ってるんですかね?
そもそもこの程度で一々騒いでたら、
誰も作曲なんてできないって。

皆さんは盗作とかパクリとかってことを
どのように考えていらっしゃいますか?
そりゃ何から何まで同じなら問題ですけど、
これまでにどれほどの曲が世の中に
リリースされてると思ってるんだって話で。
私には、売れた輩から少しでも搾取してやろうと
ハイエナ共が群がってきてるようにしか見えませんがね。
そんな言い方、ハイエナに申し訳ないか。
ハイエナさん、ごめんなさい。

因みにですが、
私が今までで一番似ているなと思った曲は、
AIR – No more dollyと
Filter – Hey Man, Nice Shotです。
サビが、ね、同じなんですよ。
気になった人は検索検索!

 

中村修人 : Nakamura Syuto


もっとシましょ♡
その他のコラボ記事はコチラ


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む