Chad Kroeger

Nickelbackのボーカル。
アブリルラヴィーンの元夫。
復縁の噂もあったが現在不明。

こちら↑と、こちら↓がドッキングゥ♡

Josey Scott

Salivaの元ボーカル。
クリスチャンミュージックに
専念するため、2011年脱退。

結果、こうなりましてございます。↓
Chad Kroeger feat. Josey Scott
Hero (2002)

チャドクルーガーのソロデビュー曲。
サムライミ監督の映画スパイダーマンの
エンディングにて使用された楽曲でもあり、
カナダのグラミー賞と言われる
ジュノー賞で最優秀ソングライター受賞、
MTVのVideo Music Awardsでは
Best Video賞を獲得と、
映画のヒットも相俟って、
世界的に売れた知名度の高い曲です。

ギターはTheory of a DeadmanのTyler Connolly氏。
ベースはNickelback同様、
Chadの実兄であるMike Kroger氏。
ドラムはPearl JamとSoundgardenに所属するMatt Cameron氏。
しかしPV撮影に参加できず、
代役でOur Lady PeaceのJeremy Taggart氏が映っています。

半年にいっぺんくらい、
思い出したように聴きたくなりますね。
良い意味で全てが妥当。
革新的な編曲など一切ないシンプルな楽曲で
「やっぱ美メロは人を惹き付けるな〜。」
とまとめざるを得ませんね、こりゃ。

でもね、顔と声がね、シンプルじゃないんだよね。
特に、MV59秒辺りの歌い出しと顔のアップ。
端的に言って、やめれ。
某漫画で“平たい顔族”なんて呼称されている日本人ですからね、
この濃さに対する免疫はそんなに持ち得てないので、
「おっ」てなりますよね。

歌詞は要約すると、
「ヒーローが来るのを待っていると
ろくなことにならないから、
自分達でなんとかしましょ。
そしたら結果的に、俺らがヒーローなんじゃね?」
的な内容です。
ものは言い様ってことでひとつ。

アコギ版

 

中村修人 : Nakamura Syuto


もっとシましょ♡
その他のコラボ記事はコチラ


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む