担当:Classic,Jazz

1992年生 / 音楽講師 / フルート奏者 / 作編曲家
フルートをメインに
クラシックとジャズの間を放浪しつつ、
自身のユニットEnsemble SIGNALでは、
アレンジも担当するマルチミュージシャン。

Ensemble SIGNAL…http://ensemblesignal.wixsite.com/signal-official

 

【我が人生の10曲】

坂本龍一 – energy flow
僕の音楽の原点。

武満徹 – November Steps
高校時代の癒しの曲。友達が少なかった原因の一つ。

エマーソン×吉松隆 – タルカス
プログレをオーケストラで。

Eric Dolphy – Espitrophy
ジャズにハマる切っ掛けになった曲。

Nikolai Kapustin – Impromptus Op.66-2
自分の「ジャズとクラシックを混ぜること」の原点。

S.Reich – Piano Phase
人生のミニマルの原点。

C.ドビュッシー – 牧神の午後への前奏曲
大学時代に吹かせてもらって更に好きになった。

香取良彦編曲 – Brazil Pandeiro
人生初ビッグバンド。クレジットに載ってます。

H.Villa-Lobos – ブラジル風バッハ
気分を上げたいときに必ず聴く

坂本龍一 – 美貌の青空
世界で一番美しいと思ってる曲。死ぬときはこの曲を。


この記事をシェアする

このサイトをフォローする

このサイトをメールで読む